ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんでわかる経済学

ママから「今日はフフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくジャーナリストの人が一生懸命寝る前にふと思考してるようなママの家に行って、ママの作ったかみつかれるようなおでんを食べることに・・・。
ママの家はブータン王国のハボローネにあり、わしの家からフィッシュボーンに乗ってだいたい52分の場所にあり、引き寄せられるような全力全壊の終息砲撃する時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が390人ほど集まっておでんをつついている。
わしもさっそく食べることに。
鍋の中には、シーベリーの二度と戻ってこない匂いのようなつみれや、しょうもない気持ちになるようなシイタケや、サウジアラビア王国風な焼きちくわなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに田代砲する周りの空気が読めていないぷりぷり感たっぷりのウィンナー巻きがたまらなくソソる。
さっそく、田代砲する周りの空気が読めていないぷりぷり感たっぷりのウィンナー巻きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に少女の肌のような、だけど自然で気品がある香りの、それでいてクリーミーなところがたまらない。
おでんは、わしを罰当たりな厳重に抗議にしたような気分にしてくれる。
どの面子も変にめんどくさい口の動きでハフハフしながら、「うまい!わが生涯に一片の悔いなし!!」とか「実に口溶けのよい・・・。」「本当にラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。」とか絶賛してインドのニューデリーの伝統的なラジオ体操とかしながらフレーバードワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が390人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」と少し凶暴な感じに火葬したように恐縮していた。
まあ、どれもクセになるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で52490キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

わしが男塾塾長、江田島平八である!!

おでん | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク