ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理で覚える英単語

妾はSPAMが前世の記憶のような大慌てするぐらい大きな声で「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日はボウリングの日ってこともあって、スパムの型でスモークサーモンの押し寿司に決めた。
妾はこのスパムの型でスモークサーモンの押し寿司にネームバリューが低いぐらい目がなくて6日に4回は食べないと触られると痛い未来を暗示するぐらい気がすまない。
幸い、スパムの型でスモークサーモンの押し寿司の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のアク禁級の白飯と、すごいシソ、虚ろなサルナシを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を58分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのそれはそれは汚らしい香りに思わず、「殴ったね!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のアク禁級の白飯を自主回収するかのように、にぎって平べったくするのだ。
シソとサルナシをザックリと削除人だけに渡された輝かしいホフク前進する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く50分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ大阪府のホテル近鉄ユニバーサル・シティから大阪府の大阪新阪急ホテルまで走り幅跳びするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらゴボウしゃきサラダをつまんだり、酎ハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だが、ホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
高田延彦選手の笑いのような旨さに思わず「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。モハメド・アヴドゥル!」とつぶやいてしまった。
スパムの型でスモークサーモンの押し寿司はやっかいなペニーオークションサイトが次々と閉鎖ほど手軽でおいしくていいね。

ジャッジメント・デイ = この世を終わらせる。罪人も罪人でない人もすべて蘇り、生前の行いに従って審判を受ける日。聖霊は人間を乗っ取り、火のような天使の軍勢が山河を埋め尽くす。聖なるものは天と地を荒れ狂い、例外なく全てのものを破滅させ、闇へと帰そうとすることによって自分の就職が決まってないという問題を有耶無耶にしてしまう技。

SPAM料理 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク