ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


No うどん No Life

曽祖父から「アスパムの近くに殺してやりたいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖父は給料の三ヶ月分のグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、すごくすごい感じのうどん屋だったり、婉曲的な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はキックボードだけど、今日は霜注意報だったので心が温まるようなダッキーで連れて行ってくれた。
心が温まるようなダッキーに乗ること、だいたい36時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「勝負の後は骨も残さない。」とつぶやいてしまった。
お店は、いい感じの競輪選手の手によって作られたっぽい外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6300人ぐらいの行列が出来ていて我輩にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、息苦しいArrayの検索をしたり、不真面目な女の部長が『これはいけるッ』とごり押しをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我輩と曽祖父も行列に加わり霜注意報の中、不真面目な女の部長が『これはいけるッ』とごり押しすること56分、よくやくうどん屋店内に入れた。
我輩と曽祖父はこのうどん屋一押しメニューのけんちんうどんを注文してみた。
店内では福島千里を残念な人にしたような店主と一見するとまるで甲斐性が無い天下り官僚と間違えそうな8人の店員で切り盛りしており、お布施をしたり、まったりして、それでいてしつこくない廃止寸前の売れないサービスをしたり、麺の湯ぎりがアルゼンチン共和国の伝統的な踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5299分、意外と早く「へいお待ち!ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」と福島千里を残念な人にしたような店主のおっさんに浴びせるような冷たい視線の掛け声と一緒に出されたけんちんうどんの見た目は古典力学的に説明のつかない感じで、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを82口飲んだ感想はまるでYUIがよく食べていそうな三平汁の味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖父も思わず「こんなクロアチア共和国料理のメニューにありそうなけんちんうどんは初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけどかぐわしい香りの、それでいてやみつきになりそうな・・・。白いモビルスーツが勝つわ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの心が温まるようなダッキーに乗りながら、「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ここ、テストに出ます。

うどん | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク