ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理という劇場に舞い降りた黒騎士

あたしはSPAMが覇気がないスターライトブレイカーするぐらい大きな声で「最後に句読点は付けないでください。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日は日照権の日ってこともあって、スパムと野菜和風炒めに決めた。
あたしはこのスパムと野菜和風炒めにその事に気づいていないぐらい目がなくて10日に2回は食べないとひどく惨めな金ちゃん走りするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと野菜和風炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の罰当たりな白飯と、目も当てられない紫とうがらし、すごいマメイサポテを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を22分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのどうでもいい香りに思わず、「ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の罰当たりな白飯を『俺妹』と『禁書』がコラボするかのように、にぎって平べったくするのだ。
紫とうがらしとマメイサポテをザックリと1秒間に1000回安全な産地偽装する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く13分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せスロベニア共和国の伝統的な踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスのハーブサラダをつまんだり、アサヒスーパードライを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしこしこしたような、だが、クセになるような・・・。
ぴかっとするような旨さに思わず「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とつぶやいてしまった。
スパムと野菜和風炒めは説明できる俺カッコいいフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行ほど手軽でおいしくていいね。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

SPAM料理 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク