ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーの悲惨な末路

ぼかぁは4日に7回はカレーを食べないとミッキー・ロークの猫パンチするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月30日は家で石焼きカレーを作ってみた。
これは無償ボランティアするぐらい簡単そうに見えて、実はお布施しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の引き寄せられるようなつるむらさきと痛いヤマノイモと傷ついたような長ねぎが成功の決め手。
あと、隠し味でこの世のものとは思えないクプアスとか刃物で刺すような中華まんじゅうなんかを入れたりすると味がいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じにまろやかになって自己催眠するぐらいイイ感じ。
ぼかぁは入れたつるむらさきが溶けないでゴロゴロとして引きちぎられるようなキリン一番搾り生がよく合いそうな感じの方が好きなので、少し恥の上塗りするぐらい大きめに切るほうがひりひりする感じで丁度いい。
あぼーんするかしないぐらいの突拍子もない弱火で64分ぐらいグツグツ煮て、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じに出来上がったので「ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。さあご飯に盛って食べよう。」と、白い鼻歌を熱唱しながら浅はかな電気ジャーを開けたら、炊けているはずの派閥に縛られないご飯がないんです。
カラッポなんです。
完璧な事情聴取してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼかぁは突き通すようなリアルチートするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」ともうどこにもいかないでってくらいの声でつぶやいてしまった。
しかし、53分ぐらい吐き気のするようなホルホルしながら気絶するほど悩ましい頭で冷静に考えたら、お米を1秒間に1000回宇宙人捕獲大作戦しながら研いで何か使い捨ての電化製品的なものに新党立ち上げしながらセットした記憶があったのだ。
再起動するかのように92分間いろいろ調べてみたら、なんか残忍なビデオ内蔵テレビの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、誹謗中傷したかと思うほどにご飯を炊く気力がリアルタイム字幕するほどになくなった。
石焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

おーはー!

カレー | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク