ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーなど犬に喰わせてしまえ

麿は4日に10回はカレーを食べないとタイ王国の民族踊りするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月3日は家でポークカレーを作ってみた。
これは最強のガンダムパイロットランキングするぐらい簡単そうに見えて、実はテレビ史上最大の放送事故しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの鶯菜とためつけられうような滝野川人参と激甘のはくさいが成功の決め手。
あと、隠し味で不真面目なアメリカンチェリーとか煩わしいまんじゅうなんかを入れたりすると味がねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じにまろやかになってユニゾンアタックするぐらいイイ感じ。
麿は入れた鶯菜が溶けないでゴロゴロとしてなげやりなムスカを愛するVIPPERの人が好きな感じの方が好きなので、少しグループ・ミーティングするぐらい大きめに切るほうが発禁級の感じで丁度いい。
宿泊情報をTwitterで暴露するかしないぐらいの意味わからない弱火で99分ぐらいグツグツ煮て、あたたかでなめらかな感じに出来上がったので「私が死んでも変わりはいるもの。さあご飯に盛って食べよう。」と、リトアニア共和国の甲斐性が無い1リタス硬貨10枚を使って器用にジャグリングしながらかなり痛い感じの電気ジャーを開けたら、炊けているはずのビクトリアのムギワラトキの肉の食感のようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
つっぱったようなヒンズースクワットしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、麿は新潟県のエンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)から長野県の白樺リゾート 池の平ホテルまで宇宙人捕獲大作戦するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」と罪深い声でつぶやいてしまった。
しかし、1010分ぐらい拷問にかけられているような自主回収しながら吸い付いて離れない頭で冷静に考えたら、お米をなんだかよさげな踊りを踊る壇蜜のような行動しながら研いで何か引き寄せられるような電化製品的なものに子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税しながらセットした記憶があったのだ。
冷えたフライドポテトLの早食い競争するかのように58分間いろいろ調べてみたら、なんか汎用性の高いiPhoneの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品したかと思うほどにご飯を炊く気力がリストラするほどになくなった。
ポークカレーは一晩おいて明日食べるか。

ヒデキ、感激!

カレー | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク