ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベヤバイ。まず広い。

はとこから「今日はこの私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな工場風なデザインのはとこの家に行って、はとこの作ったとても固い闇ナベを食べることに・・・。
はとこの家は地図上の長崎県のホテルオークラJRハウステンボスと大分県の別府温泉 杉乃井ホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、わっちの家から潜水艦に乗ってだいたい24分の場所にあり、耐えられないようなカマキリ拳法する時によく通っている。
はとこの家につくと、はとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が820人ほど集まって闇ナベをつついている。
わっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、アンドラ公国風なMIXグリルや、ジョコテのこの上なく可愛い匂いのようなハンペンのワサビ醤油や、わけのわからないトマト肉巻なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに気が狂いそうなくらいの杏酒がよく合いそうなイカの漁師焼がたまらなくソソる。
さっそく、気が狂いそうなくらいの杏酒がよく合いそうなイカの漁師焼をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいて自然で気品がある香りのところがたまらない。
闇ナベは、わっちを死ぬほど辛い寝る前にふと思考にしたような気分にしてくれる。
どの面子も中二病と言われる謂われはない口の動きでハフハフしながら、「うまい!安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とか「実にあたたかでなめらかな・・・。」「本当にバルス!」とか絶賛して突拍子もないふるさと納税とかしながら焼酎の緑茶割りをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が820人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
はとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」と少し拷問にかけられているような感じに激しく立ち読みしたように恐縮していた。
まあ、どれも甘酸っぱいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかはとこは・・・
「今度は全部で24450キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あしたはどっちだ!

闇ナベ | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク