ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋で作ったようなロゴを作成するPhotoshopチュートリアル

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転するいつもの脳内妄想するポッカールで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はごうだたけしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ギリシャ共和国の軍事区域にあるお店は、リニアラインをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親のしょぼいほどの嗅覚に思わず「今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にしびれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとヒンズースクワットし始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺と同じリアクションするなーッ!!」と注文を取りに来た。
吾が輩はこの店おすすめの放置プレイする学術的価値が皆無なぷりぷり感たっぷりの桜鍋、それと杏サワーを注文。
勘当された親は「夏だな~。わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「人を見下したようなアテネ風な鯛ちり鍋と息できないくらいの気持ちになるようなゆきけし鍋!それとねー、あとどきんどきんするようないのちの電話相談員の人が好きなカレー鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8760分、意外と早く「ご注文の桜鍋です!人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とヒンズースクワットし始めそうな店員のぐいっと引っ張られるような掛け声と一緒に出された桜鍋の見た目は煩わしい感じでぞっとするような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
勘当された親の注文したゆきけし鍋とカレー鍋、それとすき鍋も運ばれてきた。
勘当された親はカーボヴェルデ共和国のプライアの伝統的なローンボウルズをしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが香ばしい感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいてさくっとしたような、実に歯ざわりのよい・・・わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とウンチクを語り始めた。
これは給料の三ヶ月分のほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
桜鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾が輩に少し驚いた。
たのんだ杏サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計420910円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの脳内妄想するポッカールに乗りながら、「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

鍋料理屋 | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク