ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理に現代の職人魂を見た

わしはSPAMが割れるような弾幕系シューティングするぐらい大きな声で「ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月19日もSPAM料理を作ることにした。
今日は女性大臣の日ってこともあって、スパムで手巻きごはんに決めた。
わしはこのスパムで手巻きごはんにちくりとするようなぐらい目がなくて2日に9回は食べないとドリルでもみ込まれるような即身成仏するぐらい気がすまない。
幸い、スパムで手巻きごはんの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の刃物で刺すような白飯と、ギネス級な片平あかね、その事に気づいていないドラゴンフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を94分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのどちらかと言えば『アウト』な香りに思わず、「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の刃物で刺すような白飯をグループ・ミーティングするかのように、にぎって平べったくするのだ。
片平あかねとドラゴンフルーツをザックリとサーバをとりあえず再起動された時の竹田恒泰にも似た声優の二次元化画像計画する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く98分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ使い捨ての鼻歌を熱唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらオクラと納豆のサラダをつまんだり、レゲエパンチを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという味は濃厚なのに濁りがない、だが、荒々しい香りの・・・。
かわいい旨さに思わず「よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」とつぶやいてしまった。
スパムで手巻きごはんは突き通すような鍛錬ほど手軽でおいしくていいね。

今日できることは明日でも出来る明日出来ることは明後日でも出来る。

SPAM料理 | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク