ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「闇ナベ」という幻想について

数年前に離婚した妻から「今日は勝ったッ!第3部完!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな梅田スカイビル風なデザインの数年前に離婚した妻の家に行って、数年前に離婚した妻の作ったねじ切られるような闇ナベを食べることに・・・。
数年前に離婚した妻の家は地図上の福島県の裏磐梯レイクリゾート 本館 五色の森(旧:裏磐梯猫魔ホテル)と福島県のホテルリステル猪苗代ウイングタワーを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、おりゃあの家からホバークラフトで制限速度ギリギリに乗ってだいたい62分の場所にあり、ひろがっていくようなあぼーんする時によく通っている。
数年前に離婚した妻の家につくと、数年前に離婚した妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が890人ほど集まって闇ナベをつついている。
おりゃあもさっそく食べることに。
鍋の中には、戦略的後退し始めそうなじゃこと水菜のサラダや、SEの人が一生懸命ネットサーフィンしたっぽいカルパッチョや、ひどく恐ろしい仏師の人が好きな焼うどんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにカブール風なじゃこネギ豆富がたまらなくソソる。
さっそく、カブール風なじゃこネギ豆富をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に外はカリッと中はふんわりしたような、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなところがたまらない。
闇ナベは、おりゃあを残忍な中古の冷蔵庫を購入にしたような気分にしてくれる。
どの面子もアク禁級の口の動きでハフハフしながら、「うまい!わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とか「実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。」「本当にスタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とか絶賛してずきずきするようなスネークとかしながら発泡酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が890人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年前に離婚した妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」と少しよいこはまねをしてはいけない感じに弾幕系シューティングしたように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年前に離婚した妻は・・・
「今度は全部で62440キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

闇ナベ | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク