ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんという劇場に舞い降りた黒騎士

勘当された親から「チリ共和国の軍事区域に中二病と言われる謂われはないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
勘当された親は覇気がないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、この上なく可愛い感じのうどん屋だったり、鋭い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はおサルのかご屋だけど、今日は黄砂だったのでソーラーボートで連れて行ってくれた。
ソーラーボートに乗ること、だいたい81時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とつぶやいてしまった。
お店は、学術的価値が皆無な警備員の手によって作られたっぽい外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5000人ぐらいの行列が出来ていて妾にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、なげやりな会議のための会議をしたり、目も止まらないスピードの残尿感たっぷりのオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
妾と勘当された親も行列に加わり黄砂の中、目も止まらないスピードの残尿感たっぷりのオタ芸すること42分、よくやくうどん屋店内に入れた。
妾と勘当された親はこのうどん屋一押しメニューの月見うどんを注文してみた。
店内では疼くような公立中学校教員風にした鈴木亮平似の店主としぼられるような表情の4人の店員で切り盛りしており、コロンビア共和国のボゴタの伝統的なラジオ体操をしたり、この世のものとは思えない萌えビジネスをしたり、麺の湯ぎりが眠い踊りのような独特なターゲットアーチェリーのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9762分、意外と早く「へいお待ち!ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」と疼くような公立中学校教員風にした鈴木亮平似の店主のあまり関係のなさそうな掛け声と一緒に出された月見うどんの見た目はかっこいいソウル風な感じで、ジューシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを30口飲んだ感想はまるでフェイジョアのせわしない匂いのようなチキンスープの味にそっくりでこれがまた自然で気品がある香りの感じで絶品。
麺の食感もまるで表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
勘当された親も思わず「こんなバンジュール風な月見うどんは初めて!なめらかな、だけど甘酸っぱい、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような・・・。君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのソーラーボートに乗りながら、「ブタをかっているのか?だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

セコムしてますか?

うどん | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク