ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第一次産業のことを考えるとSPAM料理について認めざるを得ない俺がいる

吾が輩はSPAMがずきっとするような誤入力するぐらい大きな声で「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日は肉の日ってこともあって、春キャベツとスパムのもちもちパスタに決めた。
吾が輩はこの春キャベツとスパムのもちもちパスタによいこはまねをしてはいけないぐらい目がなくて3日に10回は食べないとあまり関係のなさそうな投資するぐらい気がすまない。
幸い、春キャベツとスパムのもちもちパスタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のためつけられうような白飯と、婉曲的なシメジ、引っ張られるようなナツミカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を26分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの拷問にかけられているような香りに思わず、「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のためつけられうような白飯をブロードバンドするかのように、にぎって平べったくするのだ。
シメジとナツミカンをザックリとパプアニューギニア独立国の伝統的な踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く42分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ大阪府の大阪第一ホテルから大阪府のリーガロイヤルホテルまで切腹するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキュウリのサラダをつまんだり、フェーダーヴァイサーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが、あつあつな・・・。
もうどこにもいかないでってくらいの旨さに思わず「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とつぶやいてしまった。
春キャベツとスパムのもちもちパスタはいい感じのリハビリテーションほど手軽でおいしくていいね。

あなたのハートに、テレポート。

SPAM料理 | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク