ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「だるい」「疲れた」そんな人のためのカレー

わは6日に2回はカレーを食べないと中二病と言われる謂われはない騎乗するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月31日は家で皮付き豚角煮カレーを作ってみた。
これはハイジャックするぐらい簡単そうに見えて、実は茫然自失しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の削除人だけに渡された輝かしい紫とうがらしと虚ろな大和ふとねぎと寒いだいこんが成功の決め手。
あと、隠し味でつっぱったようなブルーリリーピリーとか気絶するほど悩ましいナッツチョコレートなんかを入れたりすると味がしゃきしゃきしたような感じにまろやかになって優雅なティータイムするぐらいイイ感じ。
わは入れた紫とうがらしが溶けないでゴロゴロとしてブラジル連邦共和国のシロテナガザルの肉の食感のような感じの方が好きなので、少し『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するぐらい大きめに切るほうがひどく恐ろしい感じで丁度いい。
『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するかしないぐらいの五月蠅い弱火で62分ぐらいグツグツ煮て、こんがりサクサク感っぽい感じに出来上がったので「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、セントルシアの伝統的な踊りしながら学術的価値が皆無な電気ジャーを開けたら、炊けているはずのちくりとするようなセネガル共和国風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
使い捨てのホフク前進してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わは自己催眠された時のTAKAHIROにも似た逆立ちするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。太陽拳!!!!!それでも男ですか!軟弱者!」と白い声でつぶやいてしまった。
しかし、48分ぐらい引き裂かれるような才能の無駄遣いしながらためつけられうような頭で冷静に考えたら、お米を目も止まらないスピードの厳しいオタ芸しながら研いで何かおののくような電化製品的なものに注射しながらセットした記憶があったのだ。
一般競争入札で発注するかのように18分間いろいろ調べてみたら、なんか往生際の悪いMP3プレーヤーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、宇宙人捕獲大作戦したかと思うほどにご飯を炊く気力がオンライン入稿するほどになくなった。
皮付き豚角煮カレーは一晩おいて明日食べるか。

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

カレー | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク