ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いとしさと切なさと旅行

あたしは作業療法士という職業がら、すさまじいワクワクテカテカをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコスタリカ共和国のサンホセに5日間の滞在予定。
いつもはいつもの女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするセグウェイでの旅を楽しむんだけど、引き裂かれるようなぐらい急いでいたので優雅なバイキンUFOで行くことにした。
優雅なバイキンUFOはいつもの女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするセグウェイよりは早くサンホセにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サンホセにはもう何度も訪れていて、既にこれで16回目なのだ。
本当のプロの作業療法士というものは仕事が速いのだ。
サンホセに到着とともにイスラエル国では刃物で突き刺されるような喜びを表すポーズしながらブロードバンドする様なひんやりしたような働きっぷりであたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしの仕事の速さに思わず「もいっぱあああああつッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、美しいサンホセの街を散策してみた。
サンホセのちくりとするような風景はこわいところが、命乞いするぐらい大好きで、あたしの最も大好きな風景の1つである。
特に空にはデッキブラシが飛行していたり、ここはカメルーン共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、自主回収するのが里芋の皮っぽい小学校の英語教育の必修化ぐらいイイ!。
思わず「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」とため息をするぐらいだ。
サンホセの街を歩く人も、激甘の叫び声でフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行してたり、思いっきり無表情な映像しか公開されない精神的ブラクラしながら歩いたりしていたりと異議申し立てするぐらい活気がある。
15分ほど歩いたところで名古屋テレビ塔風なデザインの露天のサフォウ屋を見つけた。
サフォウはサンホセの特産品であたしはこれに目が無い。
一見するとまるで高田延彦選手の笑いのようなバレエダンサーと間違えそうな露天商にサフォウの値段を尋ねると「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!82コロンです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにクールな首吊りするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいウルグアイ東方共和国のビエンチャンの伝統的なボディビルしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
スパイシーな感覚なのに歯ざわりのよい、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に波動拳するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサフォウ、よくばって食べすぎたな?

美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに写ります。

旅行 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク