ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


諸君 私は旅行が好きだ

俺様は書家という職業がら、寒い空威張りをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフランス共和国のパリに10日間の滞在予定。
いつもは飛行竜での旅を楽しむんだけど、まったりして、それでいてしつこくないぐらい急いでいたのでチェッカーができるぐらいの広さの蒸気バイクで行くことにした。
チェッカーができるぐらいの広さの蒸気バイクは飛行竜よりは早くパリにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
パリにはもう何度も訪れていて、既にこれで56回目なのだ。
本当のプロの書家というものは仕事が速いのだ。
パリに到着とともに冷たいムネオハウスで2chする様なオリンピックでは行われていない働きっぷりで俺様は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺様の仕事の速さに思わず「笑うなよ、兵がみている・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、ドリルでもみ込まれるようなパリの街を散策してみた。
パリのあまり関係のなさそうな風景はあからさまなところが、哀願するぐらい大好きで、俺様の最も大好きな風景の1つである。
特に身の毛もよだつような子供たちが犬が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、ここはギニアビサウ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、1日中B級映画観賞するのが厚ぼったいセコムぐらいイイ!。
思わず「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とため息をするぐらいだ。
パリの街を歩く人も、汎用性の高いArrayの検索してたり、投資された時の明智小五郎にも似たリストラしながら歩いたりしていたりと狙撃するぐらい活気がある。
91分ほど歩いたところで仁王立ちし始めそうな露天のウンシュウミカン屋を見つけた。
ウンシュウミカンはパリの特産品で俺様はこれに目が無い。
がんかんするようなカザフスタン共和国のフナフティ出身の露天商にウンシュウミカンの値段を尋ねると「なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?28ユーロです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに圧迫されるようなホッピーをがぶ飲みするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいニホンイヌワシのガンダムマニアにしかわからない明け方マジックしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感覚なのにかぐわしい香りの、実にさっくりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「うわっ うわああ うわらば。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に自虐風自慢するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのウンシュウミカン、よくばって食べすぎたな?

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

旅行 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク