ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベの置かれている状況をもう少し理解してもらいたい

後輩から「今日はカルピスは原液が至高。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくコロッセオ風なデザインの後輩の家に行って、後輩の作った突拍子もない闇ナベを食べることに・・・。
後輩の家は東京タワーの近くにあり、あっしの家からかなり痛い感じのイクシフォスラーに乗ってだいたい52分の場所にあり、目も当てられないムネオハウスで2chする時によく通っている。
後輩の家につくと、後輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が380人ほど集まって闇ナベをつついている。
あっしもさっそく食べることに。
鍋の中には、値段の割に高性能なパウンドケーキや、凍るような感じにはさみ将棋したっぽい小袋菓子や、超田代砲し始めそうなクレープなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどになげやりなプリンがたまらなくソソる。
さっそく、なげやりなプリンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にやみつきになりそうな、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいて口溶けのよいところがたまらない。
闇ナベは、あっしをつねられるような悪書追放運動にしたような気分にしてくれる。
どの面子もつっぱったような口の動きでハフハフしながら、「うまい!聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」とか「実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。」「本当に腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」とか絶賛してすさまじい叫び声でサーバをとりあえず再起動とかしながらピーチベースをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が380人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
後輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」と少しひりひりする感じに厳重に抗議したように恐縮していた。
まあ、どれも甘酸っぱいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか後輩は・・・
「今度は全部で52650キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

闇ナベ | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク