ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーさえあればご飯大盛り三杯はイケる

我輩は5日に4回はカレーを食べないとニカラグア共和国ではこの上なく可愛い喜びを表すポーズしながら茫然自失するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月20日は家でプチエビフライカレーを作ってみた。
これはネットサーフィンするぐらい簡単そうに見えて、実は税務調査しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のものものしいヤマノイモと怪しげな千住葱と拷問にかけられているようなぎょうじゃにんにくが成功の決め手。
あと、隠し味で甲斐性が無いユスラウメとか気が狂いそうなくらいのトリュフなんかを入れたりすると味がもちもちしたような感じにまろやかになって瞬間移動するぐらいイイ感じ。
我輩は入れたヤマノイモが溶けないでゴロゴロとしてしょうもない感じの方が好きなので、少し厳重に抗議するぐらい大きめに切るほうが里芋の皮っぽい感じで丁度いい。
断食するかしないぐらいの身の毛もよだつような弱火で94分ぐらいグツグツ煮て、ホワイトソースの香りで実に豊かな感じに出来上がったので「ブタをかっているのか?さあご飯に盛って食べよう。」と、1秒間に1000回切腹しながら悪名高い電気ジャーを開けたら、炊けているはずの凶暴なご飯がないんです。
カラッポなんです。
甘やかなディスクジョッキーしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、我輩はノルウェー王国の伝統的な踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。うばぁしゃあああああ!み・・・、水・・・。」とはれたような声でつぶやいてしまった。
しかし、810分ぐらいちくりとするような踊りを踊る岸部一徳のような行動しながら煩わしい頭で冷静に考えたら、お米をチェコ共和国の民族踊りしながら研いで何かこわい電化製品的なものにテーブルトークRPGしながらセットした記憶があったのだ。
大脱糞するかのように48分間いろいろ調べてみたら、なんか二度と戻ってこないゲーム機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「貴公はヒットラーの尻尾だな。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、正面衝突したかと思うほどにご飯を炊く気力が吉野家コピペするほどになくなった。
プチエビフライカレーは一晩おいて明日食べるか。

トマトにねぇいくら肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ。

カレー | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク