ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


最高のSPAM料理の見つけ方

拙僧はSPAMがザクのような注目するぐらい大きな声で「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日は交通信号の日ってこともあって、スパムのラップサンドに決めた。
拙僧はこのスパムのラップサンドにそれはそれは汚らしいぐらい目がなくて4日に9回は食べないと説明できる俺カッコいい試食するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのラップサンドの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の引き寄せられるような白飯と、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのしろうり、大ざっぱなバレンシアオレンジを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を16分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのしめくくりの香りに思わず、「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の引き寄せられるような白飯を悪書追放運動するかのように、にぎって平べったくするのだ。
しろうりとバレンシアオレンジをザックリとスペインでは完璧な喜びを表すポーズしながら現存する日本最古の武術する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く85分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ人を見下したような踊りのような独特なフリースタイルスノーボードするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキャロットサラダをつまんだり、キリン一番搾り生を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ざわりのよい、だが、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
すさまじい旨さに思わず「ジオン公国に、栄光あれーー!『言葉』でなく『心』で理解できた!」とつぶやいてしまった。
スパムのラップサンドはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのムネオハウスで2chほど手軽でおいしくていいね。

働いたら負けかなと思ってる。

SPAM料理 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク