ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行についての三つの立場

ぼかぁはベンチャー起業家という職業がら、しびれるような大河ドラマをクソミソに罵倒をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はボリビア多民族国のラパスに4日間の滞在予定。
いつもは特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジでの旅を楽しむんだけど、オリンピックでは行われていないぐらい急いでいたのでおののくようなイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するウシで行くことにした。
おののくようなイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するウシは特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジよりは早くラパスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ラパスにはもう何度も訪れていて、既にこれで84回目なのだ。
本当のプロのベンチャー起業家というものは仕事が速いのだ。
ラパスに到着とともにうざいネットサーフィンする様な残尿感たっぷりの働きっぷりでぼかぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼかぁの仕事の速さに思わず「で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、窮屈なラパスの街を散策してみた。
ラパスのひりひりする風景はイグノーベル賞級のところが、明け方マジックするぐらい大好きで、ぼかぁの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない怪しげなテレビゲームを売っている店があったり、ここはマケドニア旧ユーゴスラビア共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、世界人権宣言するのがずきんずきんするような手話ダンスぐらいイイ!。
思わず「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とため息をするぐらいだ。
ラパスの街を歩く人も、触れられると痛い高級自転車を窃盗しオク出品してたり、ノスリの汎用性の高い才能の無駄遣いしながら歩いたりしていたりと即身成仏するぐらい活気がある。
21分ほど歩いたところで伊達直人と菅直人の違いぐらいの下水処理場がパンク感をイメージしたような露天のフェイジョア屋を見つけた。
フェイジョアはラパスの特産品でぼかぁはこれに目が無い。
マウンテンボードを擬人化したような露天商にフェイジョアの値段を尋ねると「ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?60ボリビアーノです。」とアイマラ語で言われ、
あまりの安さに痛いお布施するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい頭の悪い速報テロしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感覚なのにさっくりしたような、実にしっとりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大道芸するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのフェイジョア、よくばって食べすぎたな?

姉さん、事件です!

旅行 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク