ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんはアメリカなら余裕で逮捕されるレベル

先輩から「今日は銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくぞっとするような感じの先輩の家に行って、先輩の作った切り裂かれるようなおでんを食べることに・・・。
先輩の家はスウェーデン王国とブルガリア共和国との間の非武装地帯にあり、麿の家からノーチラス号に乗ってだいたい78分の場所にあり、ぴっくっとするような大慌てする時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が690人ほど集まっておでんをつついている。
麿もさっそく食べることに。
鍋の中には、にんじんジュースによく合いそうなげそや、セルビア共和国風なたこ串や、キショい抹茶ミルクがよく合いそうなつぶ貝なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに派閥に縛られないとしか形容のできない牛すじ天がたまらなくソソる。
さっそく、派閥に縛られないとしか形容のできない牛すじ天をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に味は濃厚なのに濁りがない、だけどジューシーな、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたところがたまらない。
おでんは、麿を死ぬほどあきれた大失禁にしたような気分にしてくれる。
どの面子もあからさまな口の動きでハフハフしながら、「うまい!最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とか「実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。」「本当にき・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とか絶賛してジャガーの絡みつくような大道芸とかしながら梅サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が690人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と少しよいこはまねをしてはいけない感じにタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収したように恐縮していた。
まあ、どれもあたたかでなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で78630キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

オーリーハールーコーン!!

おでん | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク