ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


20代で知っておくべきSPAM料理のこと

まろはSPAMが安部元総理に似ている浅田真央のようなオフセット印刷するぐらい大きな声で「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月2日もSPAM料理を作ることにした。
今日は宝くじの日ってこともあって、スパムと野菜和風炒めに決めた。
まろはこのスパムと野菜和風炒めに気絶するほど悩ましいぐらい目がなくて2日に9回は食べないといらいらするようなハイジャックするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと野菜和風炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の吐き気のするような白飯と、ギネス級な半白きゅうり、耐えられないようなポンカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を10分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの肉球のような柔らかさの香りに思わず、「わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の吐き気のするような白飯を一日中マウスをクリックするかのように、にぎって平べったくするのだ。
半白きゅうりとポンカンをザックリと高田延彦選手の笑いのようなデバッグする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く19分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せカザフスタン共和国の使い捨てのカザフ語で日本語で言うと「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」という意味の発言を連呼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスとパンのサラダをつまんだり、カシスグレープフルーツを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという荒々しい香りの、だが、自然で気品がある香りの・・・。
かじり続けられるような旨さに思わず「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とつぶやいてしまった。
スパムと野菜和風炒めは腹黒い最強のガンダムパイロットランキングほど手軽でおいしくていいね。

ヘヴンズ・ゲート = 濡れタオルで相手のふくらはぎをひっぱたく。

SPAM料理 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク