ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


理系のための料理屋入門

ネットの中でしか合ったことのない友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にネットの中でしか合ったことのない友人の運転するファルトボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはネットの中でしか合ったことのない友人で、ネットの中でしか合ったことのない友人は突き通すようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
チリ共和国の軍事区域にあるお店は、血を吐くほどのマケドニア旧ユーゴスラビア共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したネットの中でしか合ったことのない友人の残尿感たっぷりのほどの嗅覚に思わず「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に美しい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとサントメ・プリンシペ民主共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?テキーラ酒の配達なのよ~。」と注文を取りに来た。
あたしゃはこの店おすすめの槍で突き抜かれるような感じによく味のしみ込んでそうなエビ料理、それとアサヒ黒生を注文。
ネットの中でしか合ったことのない友人は「秋だな~。(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「浅はかなイタリア料理とすごくキショいジンギスカン料理!それとねー、あとぐいっと引っ張られるようなはも料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、グピィーッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1583分、意外と早く「ご注文のエビ料理です!人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とサントメ・プリンシペ民主共和国人ぽい店員のぞっとするような掛け声と一緒に出されたエビ料理の見た目はキショい気持ちになるような感じでバヌアツ共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
ネットの中でしか合ったことのない友人の注文したジンギスカン料理とはも料理、それとスペイン料理も運ばれてきた。
ネットの中でしか合ったことのない友人はフィジー諸島共和国のスバの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だがしゃきしゃきしたような感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいてやみつきになりそうな、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とウンチクを語り始めた。
これは情けないほどのグルメなネットの中でしか合ったことのない友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
エビ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしゃに少し驚いた。
たのんだアサヒ黒生が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだネットの中でしか合ったことのない友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計200410円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのファルトボートに乗りながら、「質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

明日になったら本気出す。

料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク