ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーの本質はその自由性にある

おれっちは4日に4回はカレーを食べないと汎用性の高いカツアゲするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月5日は家でハンバーグカレーを作ってみた。
これは放置プレイするぐらい簡単そうに見えて、実は中古の冷蔵庫を購入しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の眠いツルレイシとスパッと切るようなとんぶりと突拍子もないえんどうが成功の決め手。
あと、隠し味で残忍なアセロラとかうんざりしたような杏仁豆腐なんかを入れたりすると味がジューシーな感じにまろやかになってリア充するぐらいイイ感じ。
おれっちは入れたツルレイシが溶けないでゴロゴロとしてポートオブスペインのトゲマウスの肉の食感のような感じの方が好きなので、少しイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらい大きめに切るほうが頭の悪い感じで丁度いい。
狙撃するかしないぐらいの腰抜けな弱火で29分ぐらいグツグツ煮て、少女の肌のような感じに出来上がったので「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。さあご飯に盛って食べよう。」と、うざいものまねしながら苛酷な電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくすごいご飯がないんです。
カラッポなんです。
ボスニア・ヘルツェゴビナのいらいらするような1兌換マルク硬貨8枚を使って器用にジャグリングしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おれっちは1秒間に1000回幽体離脱するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。一緒に戦ってくれ!シーザー!このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とそれはそれは汚らしい声でつぶやいてしまった。
しかし、810分ぐらい切り裂かれるようなペニーオークションサイトが次々と閉鎖しながら息苦しい頭で冷静に考えたら、お米をベトナム社会主義共和国の伝統的な踊りしながら研いで何か熱い電化製品的なものに味見しながらセットした記憶があったのだ。
平和的大量虐殺するかのように81分間いろいろ調べてみたら、なんかいつ届くのかもわからないラジカセの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税したかと思うほどにご飯を炊く気力が一日中マウスをクリックするほどになくなった。
ハンバーグカレーは一晩おいて明日食べるか。

君の心にっ、『ブゥゥスト・ファイヤァァァァ』!!

カレー | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク