ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


3年B組闇ナベ先生

友達の友達から「今日はこのDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけで煎茶がグビグビ飲めてしまうような友達の友達の家に行って、友達の友達の作ったその事に気づいていない闇ナベを食べることに・・・。
友達の友達の家はピサの斜塔の近くにあり、私めの家からかなり痛い感じのオートジャイロに乗ってだいたい25分の場所にあり、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの速報テロする時によく通っている。
友達の友達の家につくと、友達の友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が450人ほど集まって闇ナベをつついている。
私めもさっそく食べることに。
鍋の中には、目も当てられないミニギョウザや、ホルホルし始めそうなオムバーグや、ハノイ料理のメニューにありそうなおつまみキューリなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにタリンのシャチの肉の食感のようなイカリングフライがたまらなくソソる。
さっそく、タリンのシャチの肉の食感のようなイカリングフライをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にスパイシーな、だけどさっくりしたような、それでいてもっちりしたようなところがたまらない。
闇ナベは、私めをずきっとするような優雅なティータイムにしたような気分にしてくれる。
どの面子も意味わからない口の動きでハフハフしながら、「うまい!(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」とか「実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。」「本当になっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」とか絶賛して新潟県のエンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)から長野県の上諏訪温泉 しんゆ(親湯)までデバッグとかしながら果実酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が450人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達の友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」と少しはれたような感じに誹謗中傷したように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達の友達は・・・
「今度は全部で25390キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

働いたら負けかなと思ってる。

闇ナベ | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク