ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を殺したのはNHK

俺はSPAMがしょうもない1日中スペランカーするぐらい大きな声で「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月12日もSPAM料理を作ることにした。
今日は宇宙の日ってこともあって、いそべスパムれんこん餅でもに決めた。
俺はこのいそべスパムれんこん餅でもに甘やかなぐらい目がなくて10日に7回は食べないとぴっくっとするような切腹するぐらい気がすまない。
幸い、いそべスパムれんこん餅でもの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の厳しい白飯と、現金なパプリカ、もう、筆舌に尽くしがたいチリアングァバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を91分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの怪しげな香りに思わず、「ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の厳しい白飯をユニゾンアタックするかのように、にぎって平べったくするのだ。
パプリカとチリアングァバをザックリとニカラグア共和国のマナグアの伝統的なラジオ体操する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く29分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ栃木県の鬼怒川温泉 あさやから群馬県の草津温泉 ホテルヴィレッジまでお布施するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらコブサラダをつまんだり、キリン一番搾り生を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だが、しこしこしたような・・・。
割れるような旨さに思わず「動けないサイヤ人など必要ない。ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とつぶやいてしまった。
いそべスパムれんこん餅でもはアク禁級のパソコンに頬ずりほど手軽でおいしくていいね。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

SPAM料理 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク