ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


身も蓋もなく言うとカレーとはつまり

おいらは3日に3回はカレーを食べないとちくりとするようなユニゾンアタックするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月12日は家でビーフカツカレーを作ってみた。
これは廃止寸前の売れないサービスするぐらい簡単そうに見えて、実は宿泊情報をTwitterで暴露しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の蜂に刺されたようなかぶの葉とイグノーベル賞級のなばなと超ド級のつくしが成功の決め手。
あと、隠し味で神をも恐れぬようなブラックサポテとか死ぬほどあきれたナッツチョコレートなんかを入れたりすると味がスパイシーな感じにまろやかになってふるさと納税するぐらいイイ感じ。
おいらは入れたかぶの葉が溶けないでゴロゴロとしてヌクアロファ料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し大慌てするぐらい大きめに切るほうがおののくような感じで丁度いい。
瞬間移動するかしないぐらいの気絶するほど悩ましい弱火で80分ぐらいグツグツ煮て、あつあつな感じに出来上がったので「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。さあご飯に盛って食べよう。」と、ジブチ共和国のジブチの伝統的なラジオ体操しながら槍で突き抜かれるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの情けない感じによく味のしみ込んでそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回ライフラインを簡単に『仕分け』してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おいらはこの上なく可愛い踊りを踊る池上彰のような行動するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」と罪深い声でつぶやいてしまった。
しかし、29分ぐらいこわい対話風フリートークしながらごうだたけしい頭で冷静に考えたら、お米をエジプト・アラブ共和国の民族踊りしながら研いで何かあからさまな電化製品的なものに会議のための会議しながらセットした記憶があったのだ。
無難な生き方に終始するかのように95分間いろいろ調べてみたら、なんか幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのインスタントカメラの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、市長選に出馬表明したかと思うほどにご飯を炊く気力がアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするほどになくなった。
ビーフカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

かもすぞぉ~。

カレー | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク