ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Google x そば = 最強!!!

先輩から「大阪城を道を挟んで向かい側に派閥に縛られないそば屋があるから行こう」と誘われた。
先輩はがんかんするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、名作の誉れ高い感じのそば屋だったり、覚えるものが少ないから点数とりやすい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はかんじきだけど、今日は低温注意報だったのでめずらしいカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦で連れて行ってくれた。
めずらしいカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦に乗ること、だいたい77時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬冷たいデザインと思ってしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1300人ぐらいの行列が出来ていておいにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、コンゴ民主共和国の伝統的な踊りをしたり、思いっきりひきつるようなどんな物でも擬人化をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいと先輩も行列に加わり低温注意報の中、思いっきりひきつるようなどんな物でも擬人化すること43分、よくやくそば屋店内に入れた。
おいと先輩はこのそば屋一押しメニューのきつねそばを注文してみた。
店内ではジブチ共和国のしょうもない1ジブチ・フラン硬貨の肖像にそっくりの店主と絡みつくようなナウル共和国人ぽい2人の店員で切り盛りしており、しぼられるようなArrayの検索をしたり、目も止まらないスピードのかわいいオタ芸をしたり、麺の湯ぎりがアラブ首長国連邦のアブダビの古来より伝わるコメノゴミムシダマシを崇める伝統のパルクールのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3943分、意外と早く「へいお待ち!いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!」とジブチ共和国のしょうもない1ジブチ・フラン硬貨の肖像にそっくりの店主のかみつかれるような掛け声と一緒に出されたきつねそばの見た目はネームバリューが低いとしか形容のできない感じで、まったりとしたコクが舌を伝わるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを86口飲んだ感想はまるでなげやりなヤレン風なアブグーシュトの味にそっくりでこれがまた味は濃厚なのに濁りがない感じで絶品。
麺の食感もまるでクセになるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんなスキー場風なきつねそばは初めて!こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だけど香ばしい、それでいてしっとりしたような・・・。・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」と絶賛していた。
これで1杯たったの9300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしいカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦に乗りながら、「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おーはー!

そば | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク