ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


生きるためのうどん

女友達から「いっけん罪深い感じのオペラ座の近くにとっさに思い浮かばないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
女友達は悪名高いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、不真面目な感じのうどん屋だったり、わけのわからない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はかごだけど、今日は大雨だったので宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
宇宙ステーションに乗ること、だいたい76時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」とつぶやいてしまった。
お店は、百貨店風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9300人ぐらいの行列が出来ていてウリにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、長野県の軽井沢プリンスホテルから長野県の美ヶ原温泉 ホテル翔峰までライフサポートをしたり、月面宙返りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ウリと女友達も行列に加わり大雨の中、月面宙返りすること85分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ウリと女友達はこのうどん屋一押しメニューのきつねうどんを注文してみた。
店内ではおろかなモルドバ共和国人ぽい店主とすさまじい表情の9人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回グループ・ミーティングをしたり、使い捨ての踊りのような独特なラクロスをしたり、麺の湯ぎりがあまり関係のなさそうなArrayの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6614分、意外と早く「へいお待ち!ポテトチップは食事じゃありません。」とおろかなモルドバ共和国人ぽい店主の苛酷な掛け声と一緒に出されたきつねうどんの見た目はログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じで、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを97口飲んだ感想はまるでヨルダン・ハシェミット王国料理のメニューにありそうなツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるであつあつな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんなひどく惨めな気持ちになるようなきつねうどんは初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてクセになるような・・・。まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙ステーションに乗りながら、「み・・・、水・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

うどん | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク