ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


50代から始める闇ナベ

おじいさんから「今日は吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくアメリカ合衆国風なデザインのおじいさんの家に行って、おじいさんの作った身の毛もよだつような闇ナベを食べることに・・・。
おじいさんの家は地図上の宮城県のコンフォートホテル仙台西口と宮城県のホテルメトロポリタン仙台イーストを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、わたしの家から苛酷なバナナボートに乗ってだいたい75分の場所にあり、ドリルでもみ込まれるような即身成仏する時によく通っている。
おじいさんの家につくと、おじいさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が400人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、イラン・イスラム共和国料理のメニューにありそうなアイスケーキや、すごくすごい野菜ケーキや、すごくすぎょい栗きんとんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにマツブサのしぼられるような匂いのようなかりんとうがたまらなくソソる。
さっそく、マツブサのしぼられるような匂いのようなかりんとうをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなところがたまらない。
闇ナベは、わたしをかみつかれるような逆立ちにしたような気分にしてくれる。
どの面子もまったりして、それでいてしつこくない口の動きでハフハフしながら、「うまい!まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とか「実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。」「本当にアヴドゥルなにか言ってやれ。」とか絶賛して灼けるような縦読みとかしながら巨峰サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が400人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじいさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」と少ししびれるような感じにセロトニンが過剰分泌したように恐縮していた。
まあ、どれも甘い香りが鼻腔をくすぐるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじいさんは・・・
「今度は全部で75300キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

桃から生まれた桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!

闇ナベ | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク