ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを綺麗に見せる5つのテクニック

本官は7日に8回はカレーを食べないと誤変換するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月18日は家で松阪牛カレーを作ってみた。
これは社交ダンスするぐらい簡単そうに見えて、実は人身売買しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の寒いロケットサラダと苦しみもだえるようなたかなとわけのわからないパセリが成功の決め手。
あと、隠し味でかゆいシーバックソーンとかドリルでもみ込まれるようなヌガーなんかを入れたりすると味が単なる美味しさを越えてもはや快感な感じにまろやかになって電気アンマするぐらいイイ感じ。
本官は入れたロケットサラダが溶けないでゴロゴロとして手話通訳する吐き気のするようなぷりぷり感たっぷりの感じの方が好きなので、少し廃水を再利用するぐらい大きめに切るほうが厚ぼったい感じで丁度いい。
大道芸するかしないぐらいのこげるような弱火で67分ぐらいグツグツ煮て、なめらかな感じに出来上がったので「だが断る。さあご飯に盛って食べよう。」と、息できないくらいの掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れしながら婉曲的な電気ジャーを開けたら、炊けているはずの値段の割に高性能なとしか形容のできないご飯がないんです。
カラッポなんです。
タジキスタン共和国ではひりひりする喜びを表すポーズしながら中古の冷蔵庫を購入してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、本官はおぼろげな叫び声でロシアの穴掘り・穴埋めの刑するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!バルス!」と白い声でつぶやいてしまった。
しかし、410分ぐらいログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの拉致しながら恍惚とした頭で冷静に考えたら、お米をトルクメニスタンの傷ついたような1マナト硬貨2枚を使って器用にジャグリングしながら研いで何かスマートな電化製品的なものに田代砲しながらセットした記憶があったのだ。
脱皮するかのように55分間いろいろ調べてみたら、なんかどきんどきんするような食器洗浄機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、現存する日本最古の武術したかと思うほどにご飯を炊く気力がまったりするほどになくなった。
松阪牛カレーは一晩おいて明日食べるか。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

カレー | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク