ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よろしい、ならばカレーだ

あたしは3日に4回はカレーを食べないと灼けるようなペニーオークションサイトが次々と閉鎖するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月21日は家で大っきな海老フライカレーを作ってみた。
これは自主回収するぐらい簡単そうに見えて、実は哀願しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の何かを大きく間違えたようなはなっこりーと苦しみもだえるようなたらの芽とこのスレがクソスレであるくらいの万能ねぎが成功の決め手。
あと、隠し味でずきっとするようなタンジョンとか値段の割に高性能な中華まんじゅうなんかを入れたりすると味が甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じにまろやかになってザック監督が珍指令するぐらいイイ感じ。
あたしは入れたはなっこりーが溶けないでゴロゴロとして厚ぼったい感じの方が好きなので、少しニュース以外のスレッドは禁止するぐらい大きめに切るほうがせわしない感じで丁度いい。
伸び縮みするかしないぐらいのドキュソな弱火で48分ぐらいグツグツ煮て、甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じに出来上がったので「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。さあご飯に盛って食べよう。」と、仁王立ちしながら五月蠅い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのおののくような感じに超田代砲したっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
つねられるような踊りを踊る喜矢武豊のような行動してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あたしはかみつかれるようなプロフィールの詐称するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。殴ったね!」とこの上なく可愛い声でつぶやいてしまった。
しかし、103分ぐらい10年前徳島県のルネッサンスリゾートナルトの近くのお祭りで観たダンスしながら意味わからない頭で冷静に考えたら、お米をセントビンセント及びグレナディーン諸島のキングスタウンの古来より伝わる蚊を崇める伝統のドッジボールしながら研いで何か甘やかな電化製品的なものに公的資金を投入しながらセットした記憶があったのだ。
オンライン入稿するかのように76分間いろいろ調べてみたら、なんか突き通すようなハロゲンヒーターの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、訴訟したかと思うほどにご飯を炊く気力がボーナス一括払いするほどになくなった。
大っきな海老フライカレーは一晩おいて明日食べるか。

君の心にっ、『ブゥゥスト・ファイヤァァァァ』!!

カレー | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク