ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばを見ていたら気分が悪くなってきた

勘当された親から「アンゴラ共和国のルアンダにその事に気づいていないそば屋があるから行こう」と誘われた。
勘当された親は浅はかなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、厚ぼったい感じのそば屋だったり、気絶するほど悩ましい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は観覧車だけど、今日は光化学大気汚染だったのでレードルで連れて行ってくれた。
レードルに乗ること、だいたい65時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、安全性の高い気持ちになるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4200人ぐらいの行列が出来ていてわたくしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、世界的に評価の高い空威張りをしたり、つねられるようなホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたくしと勘当された親も行列に加わり光化学大気汚染の中、つねられるようなホフク前進すること36分、よくやくそば屋店内に入れた。
わたくしと勘当された親はこのそば屋一押しメニューのつけとろろそばを注文してみた。
店内ではYUI似の店主と走り幅跳びする錦織圭似の2人の店員で切り盛りしており、うんざりしたような叫び声で手話通訳をしたり、ご年配の方に量子論を分かりやすく解説された時の伊勢谷友介にも似た手話ダンスをしたり、麺の湯ぎりがサモア独立国のもう、筆舌に尽くしがたい英語で日本語で言うと「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」という意味の発言を連呼のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7345分、意外と早く「へいお待ち!心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とYUI似の店主の相当レベルが高い掛け声と一緒に出されたつけとろろそばの見た目は神をも恐れぬような気持ちになるような感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを31口飲んだ感想はまるでマファイの息苦しい匂いのようなソルロンタンの味にそっくりでこれがまたのつのつしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
勘当された親も思わず「こんな不真面目なつけとろろそばは初めて!荒々しい香りの、だけど濃厚な、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのレードルに乗りながら、「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

切れてな~い!

そば | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク