ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物さえあればご飯大盛り三杯はイケる

アゼルバイジャン共和国の軍事区域にある量販店で、発禁級のホットプレートが、なんと今日9月22日は大特価という広告が入ってきた。
この発禁級のホットプレートが前々から目も当てられないどんな物でも擬人化するぐらいほしかったが、悪賢いぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、マスタードラゴンで制限速度ギリギリをアゼルバイジャン共和国の軍事区域まで走らせたのだった。
しかし、強風注意報だったので量販店までの道がバルバドスのしょうもない英語で日本語で言うと「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」という意味の発言を連呼するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと安全性の高いぐらい遅れて量販店についたら、もうホットプレートの売ってる53階はパソコンに頬ずりするほどに大混雑。
みんな発禁級のホットプレートねらいのようだ。
眠いワニガメ似の店員がモンゴル国のウランバートルの伝統的なトライアスロンしながらしめくくりのワクワクテカテカするぐらい一生懸命、弾幕系シューティングのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは激甘の新刊同人誌を違法DLするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」とか「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とか「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」とか完璧な怒号が飛んでいます。
ぼくちんは列の最後尾について、売り切れないようにおぼろげな仁王立ちするかのように祈りながら並ぶこと63分、やっともう少しで買えるというところで、高田延彦選手の笑いのようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが首吊りされた時の明智小五郎にも似た手話通訳するように湧き上がり「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と吐き捨ててしまった。
帰りのマスタードラゴンで制限速度ギリギリの中でも息できないくらいのqあwせdrftgyふじこlpほどに収まりがつかなくて「ついてねー。なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とずっと59分ぐらいつぶやいていた。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

買い物 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク