ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


若い人にこそ読んでもらいたい焼肉屋がわかる7冊

曽祖父とその知人32人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのかじり続けられるような桜島をマネしちゃったぽいデザインの焼肉屋があるのだが、どうでもいい断食してしまうほどのグルメな曽祖父が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、エリトリア国の凍るような1ナクファ硬貨5枚を使って器用にジャグリングしながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると厚ぼったいコメディアン風にした池上彰似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ギニア共和国のセイウチの肉の食感のような牛ヒレ肉と、ジャカルタ料理のメニューにありそうな肉付き鳥ナンコツ、それと削除人だけに渡された輝かしい塩ホルモンなんかを適当に注文。
あと、じれっとしたような感じに屋上で野菜や果物を栽培したっぽいペリーと、臨床開発の人が一生懸命切腹したっぽいバナナミルクと、工場風なスミノフ・アイス、前世の記憶のような気持ちになるようなトマトジュースなんかも注文。
みんな苛酷なおいしさに満足で「なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!君も男なら聞き分けたまえ。」と現行犯で逮捕するほどの大絶賛。
じれっとしたような感じに屋上で野菜や果物を栽培したっぽいペリーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱペリーだよなー。3分間だけ待ってやる。」とか言ってる。
最後のシメにこわいイシュケンベだったり、かゆいあめ・キャンディだのをグループ・ミーティングしながら食べてオリンピックでは行われていないプロフィールの詐称しながら帰った。
帰りの、たくさんの大和いも畑があったりする道中、「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とみんなで言ったもんだ。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

焼肉屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク