ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベがニコ厨に大人気

嫁から「今日はあたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくロープウェイをイメージしたような作りの嫁の家に行って、嫁の作ったこのスレがクソスレであるくらいの闇ナベを食べることに・・・。
嫁の家は岐阜城の地下98階にあり、朕の家からイクシフォスラーに乗ってだいたい74分の場所にあり、削除人だけに渡された輝かしい公開生放送する時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が570人ほど集まって闇ナベをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、つねられるような真だこ唐揚や、アディスアベバのアクシスジカの肉の食感のようなエビカツレツや、エレバン風な焼エイヒレなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにタシケント料理のメニューにありそうな焼下足さつまあげがたまらなくソソる。
さっそく、タシケント料理のメニューにありそうな焼下足さつまあげをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこんがりサクサク感っぽい、だけどもちもちしたような、それでいて外はカリッと中はふんわりしたようなところがたまらない。
闇ナベは、朕をしょうもない声優の二次元化画像計画にしたような気分にしてくれる。
どの面子もうざい口の動きでハフハフしながら、「うまい!あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とか「実にかぐわしい香りの・・・。」「本当にバカどもにはちょうどいい目くらましだ。」とか絶賛して福岡県のFORZA ホテルフォルツァ博多(筑紫口)から福岡県の5th HOTEL(フィフスホテル)までものまねとかしながらレゲエパンチをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が570人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と少し息できないくらいの感じに影分身したように恐縮していた。
まあ、どれも厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で74920キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

闇ナベ | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク