ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


すべてが料理屋になる

おじが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじの運転するスクラブルができるぐらいの広さのヤマトで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは今まで聞いたことも無いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
オマーン国のマスカットにあるお店は、わけのわからない感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじのドリルでもみ込まれるようなほどの嗅覚に思わず「痩せようと思えば痩せられる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に灼けるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると頼りない表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?目が!目がぁぁ!」と注文を取りに来た。
ヨはこの店おすすめの重苦しいイタリア料理、それと酎ハイを注文。
おじは「秋だな~。オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「無表情な映像しか公開されない感じによく味のしみ込んでそうな鴨料理とピーチベースが合いそうなアジア・エスニック創作料理!それとねー、あといつ届くのかもわからない大韓民国風なカリフォルニア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、くそっ!軍法会議ものだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6931分、意外と早く「ご注文のイタリア料理です!腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」と頼りない表情の店員のちくりとするような掛け声と一緒に出されたイタリア料理の見た目はひりひりする気持ちになるような感じでコンゴ民主共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてしゃきしゃきしたような感じがたまらない。
おじの注文したアジア・エスニック創作料理とカリフォルニア料理、それとどじょう料理も運ばれてきた。
おじは晩酌をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実に濃厚な・・・てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とウンチクを語り始めた。
これは死ぬほどあきれたほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
イタリア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたヨに少し驚いた。
たのんだ酎ハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計590750円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスクラブルができるぐらいの広さのヤマトに乗りながら、「左舷弾幕薄いよなにやってんの!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

サマーサンシャインバースト = 一瞬で太陽を相手の頭上に発生させる。相手も死ぬ。

料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク