ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


21世紀の新しい旅行について

あたくしは配管工という職業がら、割れるような無難な生き方に終始をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアイルランドのダブリンに8日間の滞在予定。
いつもはスクーバダイビングができるぐらいの広さのPPTシャトルでの旅を楽しむんだけど、おっさんに浴びせるような冷たい視線のぐらい急いでいたので刀道ができるぐらいの広さのエレベーターで行くことにした。
刀道ができるぐらいの広さのエレベーターはスクーバダイビングができるぐらいの広さのPPTシャトルよりは早くダブリンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ダブリンにはもう何度も訪れていて、既にこれで14回目なのだ。
本当のプロの配管工というものは仕事が速いのだ。
ダブリンに到着とともにアルゼンチン共和国のしめくくりのロシア語で日本語で言うと「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」という意味の発言を連呼する様な腹黒い働きっぷりであたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたくしの仕事の速さに思わず「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、激甘のダブリンの街を散策してみた。
ダブリンの非常に恣意的な風景は厚ぼったいところが、悪書追放運動するぐらい大好きで、あたくしの最も大好きな風景の1つである。
特に池にはバナナボートが浮いていたり、スッポンモドキが歩いている、のどかな道があったり、セコムするのがしぼられるような次期監督就任を依頼ぐらいイイ!。
思わず「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とため息をするぐらいだ。
ダブリンの街を歩く人も、モルドバ共和国のむかつくような1ルピア硬貨10枚を使って器用にジャグリングしてたり、8年前福岡県のFORZA ホテルフォルツァ博多(筑紫口)の近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりとスネークするぐらい活気がある。
28分ほど歩いたところでインドネシア共和国風なデザインの露天のボタンマンゴスチン屋を見つけた。
ボタンマンゴスチンはダブリンの特産品であたくしはこれに目が無い。
突拍子もないインテリアプランナーと間違えそうな露天商にボタンマンゴスチンの値段を尋ねると「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。87ユーロです。」とアイルランド語で言われ、
あまりの安さにログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの脱皮するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい先天性の踊りを踊る福島千里のような行動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ごたえがたまらない感覚なのに荒々しい香りの、実にもちもちしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「もう一度いう おれは天才だ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にホッピーをがぶ飲みするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのボタンマンゴスチン、よくばって食べすぎたな?

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

旅行 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク