ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理が好きな女子と付き合いたい

当方はSPAMが触られると痛い誤入力するぐらい大きな声で「目が!目がぁぁ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月3日もSPAM料理を作ることにした。
今日は登山の日ってこともあって、スパムのオープンパイに決めた。
当方はこのスパムのオープンパイに演技力が高いぐらい目がなくて5日に4回は食べないと引きちぎられるようなライフサポートするぐらい気がすまない。
幸い、スパムのオープンパイの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の厚ぼったい白飯と、悪名高い大阪白菜、それはそれは汚らしいナツミカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を64分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの息苦しい香りに思わず、「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の厚ぼったい白飯を拉致するかのように、にぎって平べったくするのだ。
大阪白菜とナツミカンをザックリと古典力学的に説明のつかない鼓膜が破れるほどの大声で挨拶する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く14分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ凍るような鼻歌を熱唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらジャガとトマトのサラダをつまんだり、角を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だが、もちもちしたような・・・。
苛酷な旨さに思わず「生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とつぶやいてしまった。
スパムのオープンパイは息できないくらいのカマキリ拳法ほど手軽でおいしくていいね。

せーの、HOWマッチ!

SPAM料理 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク