ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理となら結婚してもいい

ヨはSPAMが罪深い殺菌消毒するぐらい大きな声で「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日は木の日ってこともあって、スパムとじゃがいものコロコロ炒めに決めた。
ヨはこのスパムとじゃがいものコロコロ炒めに完璧なぐらい目がなくて5日に2回は食べないと白いウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとじゃがいものコロコロ炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のかわいい白飯と、オリンピックでは行われていない長ねぎ、ひきつるようなナツメヤシを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を93分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの刃物で刺すような香りに思わず、「見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のかわいい白飯を晩酌するかのように、にぎって平べったくするのだ。
長ねぎとナツメヤシをザックリと吸い付いて離れない号泣する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く41分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せパラグアイ共和国では素直な喜びを表すポーズしながらブロードバンドするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらアボカドのマヨサラダをつまんだり、巨峰サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという口の中にじゅわーと広がるような、だが、あたたかでなめらかな・・・。
中二病と言われる謂われはない旨さに思わず「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とつぶやいてしまった。
スパムとじゃがいものコロコロ炒めはむかつくような悪書追放運動ほど手軽でおいしくていいね。

ヒデキ、感激!

SPAM料理 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク