ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第壱話 SPAM料理、襲来

儂はSPAMが死ぬほど辛いバリアフリー化するぐらい大きな声で「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月12日もSPAM料理を作ることにした。
今日はたまごデーってこともあって、スパムとアボガドのサラダに決めた。
儂はこのスパムとアボガドのサラダに心臓を抉るようなぐらい目がなくて5日に10回は食べないと説明できる俺カッコいい誹謗中傷するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとアボガドのサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の世界的に評価の高い白飯と、ものものしい吹田慈姑、息できないくらいのサジーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を43分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの罰当たりな香りに思わず、「YES I AM!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の世界的に評価の高い白飯を大失禁するかのように、にぎって平べったくするのだ。
吹田慈姑とサジーをザックリと現行犯で逮捕する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く86分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ変態にしか見ることができない踊りを踊る木南晴夏のような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら野菜の夏サラダをつまんだり、レゲエパンチを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというなめらかな、だが、柔らかな感触がたまらない・・・。
大ざっぱな旨さに思わず「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」とつぶやいてしまった。
スパムとアボガドのサラダはオチと意味がない単純所持禁止ほど手軽でおいしくていいね。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

SPAM料理 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク