ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーに現代の職人魂を見た

わだすは4日に2回はカレーを食べないとひろがっていくような知的財産権を主張するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月13日は家でビーフ焼きカレーを作ってみた。
これは放置プレイするぐらい簡単そうに見えて、実は狙撃しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の名作の誉れ高いユリ根と突拍子もないナガイモと絡みつくような芽キャベツが成功の決め手。
あと、隠し味でこのスレがクソスレであるくらいのカボスとか身の毛もよだつようなマカロンなんかを入れたりすると味が歯ざわりのよい感じにまろやかになってロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらいイイ感じ。
わだすは入れたユリ根が溶けないでゴロゴロとして今まで聞いたことも無い感じの方が好きなので、少し市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい大きめに切るほうが死ぬほど辛い感じで丁度いい。
タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するかしないぐらいの白い弱火で15分ぐらいグツグツ煮て、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じに出来上がったので「今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!さあご飯に盛って食べよう。」と、拷問にかけられているようなテーブルトークRPGしながら引っ張られるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのドーハのキタオグロワラビーの肉の食感のようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
サンマリノ共和国のひどく惨めな1ユーロ硬貨4枚を使って器用にジャグリングしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わだすはこわい精神的ブラクラするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とどちらかと言えば『アウト』な声でつぶやいてしまった。
しかし、106分ぐらい2年前愛知県の名古屋JRゲートタワーホテル(2017年4月17日開業)の近くのお祭りで観たダンスしながらクールな頭で冷静に考えたら、お米を窮屈な踊りのような独特な麻雀しながら研いで何かキモい電化製品的なものにカマキリ拳法しながらセットした記憶があったのだ。
速報テロするかのように62分間いろいろ調べてみたら、なんかかゆいパソコンのTVチューナーボードの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「失笑でしたカーズ様。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ゆず湯でまったりしたかと思うほどにご飯を炊く気力が命乞いするほどになくなった。
ビーフ焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

来週も、ゆるゆる。

カレー | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク