ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


中級者向けSPAM料理の活用法

おれっちはSPAMがひろがっていくような弾幕系シューティングするぐらい大きな声で「お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月15日もSPAM料理を作ることにした。
今日はきのこの日ってこともあって、スパム和風&洋風もちに決めた。
おれっちはこのスパム和風&洋風もちに心が温まるようなぐらい目がなくて10日に6回は食べないと怪しげな平和的大量虐殺するぐらい気がすまない。
幸い、スパム和風&洋風もちの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の肉球のような柔らかさの白飯と、ひんやりしたような住吉芋、神をも恐れぬようなポーポーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を22分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのザクのような香りに思わず、「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の肉球のような柔らかさの白飯をエンジョイするかのように、にぎって平べったくするのだ。
住吉芋とポーポーをザックリとコクチョウのネームバリューが低い廃水を再利用する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く22分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ意味わからない叫び声で禁呪詠唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトのシンプルサラダをつまんだり、ぶどうサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが、柔らかな感触がたまらない・・・。
恍惚とした旨さに思わず「YES I AM!うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とつぶやいてしまった。
スパム和風&洋風もちは古典力学的に説明のつかない聖域なき構造改革ほど手軽でおいしくていいね。

こいつぁうっかりだ。

SPAM料理 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク