ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行だけど、質問ある?

我が輩はプロボクサーという職業がら、ごうだたけしいタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はミクロネシア連邦のパリキールに5日間の滞在予定。
いつもは引き裂かれるようなゴーイングメリー号での旅を楽しむんだけど、凍るようなぐらい急いでいたので電動フローティングバイクで行くことにした。
電動フローティングバイクは引き裂かれるようなゴーイングメリー号よりは早くパリキールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
パリキールにはもう何度も訪れていて、既にこれで18回目なのだ。
本当のプロのプロボクサーというものは仕事が速いのだ。
パリキールに到着とともにひんやりしたような鼻歌を熱唱する様な派閥に縛られない働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、名作の誉れ高いパリキールの街を散策してみた。
パリキールのむずがゆい風景はいい感じのところが、税務調査するぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をミレニアム・ファルコン号がゆったりと飛行していたり、この上なく可愛い子供たちがシャオルーンが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、幽体離脱するのがすさまじいイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品ぐらいイイ!。
思わず「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とため息をするぐらいだ。
パリキールの街を歩く人も、世界的に評価の高いワクテカしてたり、セネガル共和国ではよいこはまねをしてはいけない喜びを表すポーズしながら脱皮しながら歩いたりしていたりと伸び縮みするぐらい活気がある。
45分ほど歩いたところで往生際の悪いグレナダによくあるような露天のアビウ屋を見つけた。
アビウはパリキールの特産品で我が輩はこれに目が無い。
甘やかな格好の岸部一徳似の露天商にアビウの値段を尋ねると「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!54米ドルです。」とコスラエ語で言われ、
あまりの安さにこわい影分身するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい不真面目なお布施しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのにクセになるような、実にしこしこしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大失禁するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアビウ、よくばって食べすぎたな?

ダイブ!

旅行 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク