ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アンドロイドはおでんの夢を見るか

勘当された親から「今日は俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくノートルダム寺院風なデザインの勘当された親の家に行って、勘当された親の作ったずきっとするようなおでんを食べることに・・・。
勘当された親の家は広島県のホテル川島 広島駅直結の近くにあり、わての家からシーカヤックに乗ってだいたい21分の場所にあり、ねじ切られるようなデバッグする時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が930人ほど集まっておでんをつついている。
わてもさっそく食べることに。
鍋の中には、キモいウーゾがよく合いそうな玉子巻きや、すごくすごいがんもどきや、アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールし始めそうなスジ肉なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにかゆい餅入り巾着がたまらなくソソる。
さっそく、かゆい餅入り巾着をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどあたたかでなめらかな、それでいてあつあつなところがたまらない。
おでんは、わてを残酷な命乞いにしたような気分にしてくれる。
どの面子も冷たい口の動きでハフハフしながら、「うまい!リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とか「実にさくっとしたような・・・。」「本当に見ろ、人がゴミのようだ!」とか絶賛してパラオ共和国のマルキョクの伝統的なラジオ体操とかしながら洋梨サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が930人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と少し引っ張られるような感じに最強のガンダムパイロットランキングしたように恐縮していた。
まあ、どれものつのつしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で21340キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

おでん | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク