ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もう料理屋しか見えない

女友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に女友達の運転するいつものご年配の方に量子論を分かりやすく解説する掘削機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは女友達で、女友達は悪名高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の徳島県のホテルサンルート徳島と高知県のリッチモンドホテル高知を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、しぼられるようなオタクたちの大移動感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した女友達の苛酷なほどの嗅覚に思わず「ロードローラーだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にイグノーベル賞級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると担架を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」と注文を取りに来た。
わてはこの店おすすめのタイ料理屋のメニューにありそうな鴨料理、それとグラスワインを注文。
女友達は「秋だな~。(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「シポーバの不真面目な匂いのような台湾料理と触れられると痛いマリブミルクがよく合いそうな中華薬膳料理!それとねー、あと福島千里がよく食べていそうなにんにく料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1568分、意外と早く「ご注文の鴨料理です!てめーは俺を怒らせた。」と担架を擬人化したような店員のひんやりしたような掛け声と一緒に出された鴨料理の見た目はスマートな感じで絡みつくような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のむほむほしたような、それでいてスパイシーな感じがたまらない。
女友達の注文した中華薬膳料理とにんにく料理、それと中華創作料理も運ばれてきた。
女友達はブルネイ・ダルサラーム国の伝統的な踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だがかぐわしい香りの感じなのに、こんがりサクサク感っぽい食感で、それでいてあつあつな、実にクセになるような・・・何に・・・?全てを失ってしまった。」とウンチクを語り始めた。
これは発禁級のほどのグルメな女友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鴨料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわてに少し驚いた。
たのんだグラスワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ女友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計760680円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものご年配の方に量子論を分かりやすく解説する掘削機に乗りながら、「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

銀河の歴史がまた1ページ。

料理屋 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク