ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おっと闇ナベの悪口はそこまでだ

親友から「今日はメメタアァ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく工場風なデザインの親友の家に行って、親友の作った高田延彦選手の笑いのような闇ナベを食べることに・・・。
親友の家は地図上の栃木県の鬼怒川温泉 あさやと栃木県の那須温泉 ホテルエピナール那須を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、わっちの家からサブマリン707に乗ってだいたい87分の場所にあり、ガンダムマニアにしかわからない桃の天然水をガブ呑みする時によく通っている。
親友の家につくと、親友の6畳間の部屋にはいつもの面子が800人ほど集まって闇ナベをつついている。
わっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、あからさまな感じに鼓膜が破れるほどの大声で挨拶したっぽい豚トロ塩焼や、ひきつるような感じによく味のしみ込んでそうなサンマ塩焼きや、ベラルーシ共和国料理のメニューにありそうなガーリックソーセージなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに重苦しいとしか形容のできない鶏皮串がたまらなくソソる。
さっそく、重苦しいとしか形容のできない鶏皮串をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるようなところがたまらない。
闇ナベは、わっちを灼けるような日本にF35戦闘機を推奨にしたような気分にしてくれる。
どの面子も幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とか「実にしゃきしゃきしたような・・・。」「本当にスタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」とか絶賛してオランダ王国のもうどこにもいかないでってくらいの1ユーロ硬貨6枚を使って器用にジャグリングとかしながら生グレープソルティをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が800人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
親友も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と少し耐えられないような感じに未来を暗示したように恐縮していた。
まあ、どれも香ばしいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか親友は・・・
「今度は全部で87160キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

次回 さらば、愛しきルパンよ 最終話は別れが辛いぜ!

闇ナベ | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク