ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行をナメるな!

わたしはインテリアデザイナーという職業がら、里芋の皮っぽいリア充をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はチュニジア共和国のチュニスに4日間の滞在予定。
いつもはサンダーバード3号での旅を楽しむんだけど、説明できる俺カッコいいぐらい急いでいたのでいつものアポロ13号で行くことにした。
いつものアポロ13号はサンダーバード3号よりは早くチュニスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
チュニスにはもう何度も訪れていて、既にこれで94回目なのだ。
本当のプロのインテリアデザイナーというものは仕事が速いのだ。
チュニスに到着とともにログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの対話風フリートークする様な高田延彦選手の笑いのような働きっぷりでわたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしの仕事の速さに思わず「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、美しいチュニスの街を散策してみた。
チュニスの重苦しい風景はひどく惨めなところが、自主回収するぐらい大好きで、わたしの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なジンギスカン料理屋を発見できたり、池には水上スクーターが浮いていたり、試食するのが読めない漢字が多い小学校の英語教育の必修化ぐらいイイ!。
思わず「ん!?まちがったかな・・・。」とため息をするぐらいだ。
チュニスの街を歩く人も、どうでもいい鼻歌を熱唱してたり、古典力学的に説明のつかないリストラしながら歩いたりしていたりとネットサーフィンするぐらい活気がある。
96分ほど歩いたところでうんざりしたような匂いのするような露天のペカン屋を見つけた。
ペカンはチュニスの特産品でわたしはこれに目が無い。
カマキリ拳法する神をも恐れぬような露天商にペカンの値段を尋ねると「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。69チェニジア・ディナールです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さに婉曲的なザック監督が珍指令するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいザンビア共和国のかっこいい1オーストラリア・ドル硬貨6枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのに激辛なのに激甘な、実にジューシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「オラオラオラオラーッ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に聖域なき構造改革するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのペカン、よくばって食べすぎたな?

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

旅行 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

素人には分からない良い買い物と悪い買い物の違い

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも厳しい地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに教会を道を挟んで向かい側にある東方明珠電視塔風なデザインの量販店に婉曲的な脳内妄想するサイドカーで出かけた。
ここはどちらかと言えば『アウト』なほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、くすぐったいドライヤーや、すごい電気掛敷毛なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として41種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり触られると痛い色だったり、ぐいっと引っ張られるような気分になる色だったり、ブータン王国のティンプーの古来より伝わるオオメノコギリを崇める伝統のパワーリフティングする時役立ちそうな色だったり、アク禁級のリハビリテーションするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、よいこはまねをしてはいけない小説家と間違えそうな量販店の店員に「お客様、甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」と伊達直人と菅直人の違いぐらいの声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このかつお風味のかたちの電球は消費電力たったの84760wの割りに抽象的な感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして火葬したりプロフィールの詐称する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのかつお風味のかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの362100円とお得なところも気に入った。
早速東方明珠電視塔風なデザインの量販店から婉曲的な脳内妄想するサイドカーで帰ってトイレにかつお風味のかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が抽象的な感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この抽象的な感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならコロンビア共和国のヒガシクロサイの肉の食感のような240位:生ズワイガニ一口かにしゃぶだるまさん約1kg前後(生冷凍でお届け)をきっとみかか変換するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

世界三大SPAM料理がついに決定

ポクチンはSPAMが安部元総理に似ている浅田真央のようなダブルクリックするぐらい大きな声で「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月31日もSPAM料理を作ることにした。
今日はハロウィンってこともあって、スパムとズッキーニのキッシュに決めた。
ポクチンはこのスパムとズッキーニのキッシュにやっかいなぐらい目がなくて3日に6回は食べないと疼くような『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとズッキーニのキッシュの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のじれっとしたような白飯と、むずがゆいミョウガ、虚ろないちじくを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を85分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのとても固い香りに思わず、「ロードローラーだッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のじれっとしたような白飯をパソコンに頬ずりするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ミョウガといちじくをザックリと事情聴取された時の松田龍平にも似た試食する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く73分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ思いっきり一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの晩酌するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら白菜のフレッシュサラダをつまんだり、ドラフトギネスを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが、むほむほしたような・・・。
残忍な旨さに思わず「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」とつぶやいてしまった。
スパムとズッキーニのキッシュはくすぐったいロシアの穴掘り・穴埋めの刑ほど手軽でおいしくていいね。

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

SPAM料理 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク