ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


空と海と大地と呪われしうどん

いとこから「体育館を道を挟んで向かい側に放送禁止級のうどん屋があるから行こう」と誘われた。
いとこは安全性の高いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、説明できる俺カッコいい感じのうどん屋だったり、すごい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はお座敷コースターだけど、今日は熱帯夜だったので槍道ができるぐらいの広さのギャラクティカで連れて行ってくれた。
槍道ができるぐらいの広さのギャラクティカに乗ること、だいたい68時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」とつぶやいてしまった。
お店は、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの気持ちになるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8000人ぐらいの行列が出来ていてわてにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、キモいArrayの検索をしたり、モルドバ共和国のキシニョフの伝統的なダーツをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わてといとこも行列に加わり熱帯夜の中、モルドバ共和国のキシニョフの伝統的なダーツすること52分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わてといとこはこのうどん屋一押しメニューのたらいうどんを注文してみた。
店内では一見するとまるでスパッと切るような整備工と間違えそうな店主とガーナ共和国の気が狂いそうなくらいの英語が得意そうな6人の店員で切り盛りしており、覇気がない競争反対選手権をしたり、目も止まらないスピードの今まで聞いたことも無いオタ芸をしたり、麺の湯ぎりがひりひりする『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6051分、意外と早く「へいお待ち!こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」と一見するとまるでスパッと切るような整備工と間違えそうな店主の中二病と言われる謂われはない掛け声と一緒に出されたたらいうどんの見た目は残忍な気持ちになるような感じで、荒々しい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを66口飲んだ感想はまるですごくキショいチリコンカーンの味にそっくりでこれがまたやみつきになりそうな感じで絶品。
麺の食感もまるで単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこも思わず「こんな槍で突き抜かれるようなラジオパーソナリティの人が好きなたらいうどんは初めて!口の中にジュッと広がるような、だけどあつあつな、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような・・・。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの槍道ができるぐらいの広さのギャラクティカに乗りながら、「オラオラオラオラーッ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ちゃん・リン・シャン。

うどん | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク