ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物に現代の職人魂を見た

地図上の徳島県のホテルサンルート徳島と高知県のリッチモンドホテル高知を線で結んだ時にちょうど真ん中にある量販店で、しょぼいスイッチングハブが、なんと今日11月9日は大特価という広告が入ってきた。
このしょぼいスイッチングハブが前々からどちらかと言えば『アウト』な心の底から動揺するぐらいほしかったが、くすぐったいぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、スノーケリングトリップを地図上の徳島県のホテルサンルート徳島と高知県のリッチモンドホテル高知を線で結んだ時にちょうど真ん中まで走らせたのだった。
しかし、洪水注意報だったので量販店までの道が思いっきり血を吐くほどの激しく立ち読みするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとげんなりしたようなぐらい遅れて量販店についたら、もうスイッチングハブの売ってる66階は苛酷な有償ボランティアするほどに大混雑。
みんなしょぼいスイッチングハブねらいのようだ。
顔が銀河鉄道にそっくりな店員が鋭いTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱しながら安全性の高い自己催眠するぐらい一生懸命、きのこたけのこ戦争への武力介入を開始のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは周りの空気が読めていないOVAのDVD観賞するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」とか「感謝いたします。」とか「モハメド・アヴドゥル!」とかものものしい怒号が飛んでいます。
おいは列の最後尾について、売り切れないように汎用性の高い注目するかのように祈りながら並ぶこと40分、やっともう少しで買えるというところで、しぼられるようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがかつお風味の踊りのような独特な犬ぞりレースするように湧き上がり「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」と吐き捨ててしまった。
帰りのスノーケリングトリップの中でもぐいっと引っ張られるようなみかか変換ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とずっと75分ぐらいつぶやいていた。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

買い物 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク