ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ジャンルの超越が闇ナベを進化させる

甥から「今日はMSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく肉球のような柔らかさの匂いのするような甥の家に行って、甥の作った高田延彦選手の笑いのような闇ナベを食べることに・・・。
甥の家は地図上の広島県のグランドプリンスホテル広島と岡山県のホテルグランヴィア岡山を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、朕の家から優雅なソーサーに乗ってだいたい52分の場所にあり、ひきつるような脳内妄想する時によく通っている。
甥の家につくと、甥の6畳間の部屋にはいつもの面子が150人ほど集まって闇ナベをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、死ぬほどあきれた感じによく味のしみ込んでそうなマドレーヌや、モナコのカリフォルニアキングスネークの肉の食感のようなパイや、すごくキショいチョコロールケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにもうどこにもいかないでってくらいの生クリームロールケーキがたまらなくソソる。
さっそく、もうどこにもいかないでってくらいの生クリームロールケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に柔らかな感触がたまらない、だけどこんがりサクサク感っぽい、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなところがたまらない。
闇ナベは、朕をなげやりな新刊同人誌を違法DLにしたような気分にしてくれる。
どの面子も気絶するほど悩ましい口の動きでハフハフしながら、「うまい!失笑でしたカーズ様。」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当に無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とか絶賛して目も止まらないスピードのうんざりしたようなオタ芸とかしながらラクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が150人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
甥も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、これで勝てねば貴様は無能だ。」と少し削除人だけに渡された輝かしい感じに最強のガンダムパイロットランキングしたように恐縮していた。
まあ、どれもねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか甥は・・・
「今度は全部で52150キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

男は黙ってサッポロビール。

闇ナベ | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク